ITAKURA 板倉建築

板倉建築とは

板倉の家づくり

板倉は、日本古来の神社や穀物倉庫を造ってきた優れた木造建築技術です。
板倉の家はそれを応用したものです。
材料はスギを使います。
スギは日本原産の木、そして日本に豊富な資源。
これを大切に使うことで、資源を絶やさず、いつまでも暮らすことができます。
石油や原発に依存することなく、
森林資源を生かす暮らし方は、日本人の優れた知恵です。
杉を生かす暮らしの提案、未来に生きる杉の家です。

板倉構法は、柱や梁などの構造の他に、
床や壁や屋根にスギの厚板を用いることで、
堅牢で長持ちする家、燃えにくい家、湿気がこもらず、結露しない家、
冬温かく夏涼しい家をつくることができます。
スギの無垢材だけで家をつくるのでシックハウスの心配もありません。
有害な廃棄物も出しません。

板倉の家の燃料は薪。端材を有効に活用。
薪ストーブと薪ボイラーで石油を節約します。
薪の熱は遠赤外線で、やわらかく部屋と水を温めます。
夏は庇で日差しを遮り、風を通し、
土間の冷気で涼をとる
冬は日差しで暖かく、
薪ストーブで暖める土間で蓄熱し暖かさを保つ

板倉構法

木を太く厚くあらわして使う

板倉構法は杉の厚板で、屋根、壁、床を構成するのが特徴。
木と植物繊維だけで化学物質を使用せず、室内環境汚染のない健康な家。
屋根の構成
壁の構成
床の構成
左から大壁(下見板張り)、真壁(塗壁)、真壁(板張り)
柱の間に溝を掘り、
そこに板を落とし込んで壁をつくる。
梁同士を組み合わせ、大栓を打ち込んで
しっかり固定する。
梁同士の接合は伝統的な継手仕口。
組み立てが早く部材の交換も容易。

事例紹介